2017年10月19日木曜日

メガホンでも演説できるかなと

 今日は旭川入り。メガホン宣伝で、毛呼応声が広がることを実感。これなら駅頭で、メガホンで演説しても悪くないかなと思いました。宣伝カーが足りないので、肉声の限界もあるけど1日5、6カ所ぐらいはありかも…と。それぐらい訴える手段は限られる。
でも明日からは、宣伝カーで訴えるのでこの選挙では必要なし。
各選挙事務所、青年との懇談で、身を削った重みを確認し合って、「比例は共産党」の重要性を語り合いました。
機能の北広島での訴えの写真をいただいたの貼り付けておきました。

最後の追い込み、がんばるぞ~

2017年10月18日水曜日

手応えと、身を削った決断の重みを実感

この選挙初めて、メイン弁士として1日中、宣伝カーに乗車。紙智子参議、市民の風の替え歌隊、市民の風江別の宮田さん、北広島市民連合の佐藤さん、ピースアクションinちとせ野平遺産の応援演説もいただきました。市民と野党の共闘に献身的に働いた日本共産党、「比例は日本共産党」に手応えを感じました。
一方、それだけに宣伝カーで訴える機会が少ないことに、身を削った決断の重みも実感。みなさん、お力をお貸しください。
大麻トライアル前の演説動画を山崎貴裕さんがアップしてくれました。

2017年10月16日月曜日

身を削った実態。「比例は共産党」を

 「わかりやすい話でがんばろうと思った」「比例の大切さがわかった」「わかりやすくおもしろかった」
今日は、幕別、音更、芽室、帯広と4カ所で政党演説会。演説会は、前座的な話をする機会が多かったけど、メインで1日4カ所は初めて。しかも、この選挙では、初顔合わせで、今回限りの一発勝負。上にあるような感想を地区委員会で聞き取ってくれました。
候補者を下ろした私たち日本共産党にとって、小選挙区候補カーが4台、比例カーが2台。小選挙区候補者を下ろした地域は、日本共産党の宣伝カーが来るのはほとんど1回来ればいい方。それだけに、口コミで「比例は日本共産党」をどれだけ広げられるかが勝負。みなさんにご協力を呼びかけました。これが、身を削って候補者を統一させた実態です。可能な方は是非お力をおかしください。

2017年10月15日日曜日

「比例は日本共産党」で川部も…ありがとうございます

わが地区(地区委員長として)もみじ台、厚別東、川下、北郷、菊水元町の5か所で街頭演説。動画はこちらへ。
その後、丘珠空港から釧路へ。
初めて釧路で演説会。比例候補の川部はどんな人なんだろう、どんな話をするんだろう。この緊張感をほぐしながら話せるか。一発勝負。考えながら、丁寧に話すようにしましたが、日本共産党の石川明美候補で統一したこの地域で「『比例は日本共産党』わかったよ」と言っていただいたことが感謝と感動。明日も頑張るぞ~!勝つぞ~!!

2017年10月14日土曜日

学生時代からの親友と一緒に街頭演説

昨日は、網走から北見まで、小選挙区12区の市民と野党の共同候補・菅原まことさんと、びっしり街頭宣伝。学生時代からの親友がならんで訴え、感慨深い~。
共同候補へのエールは、幅広い方々から寄せられることが実感。しかも、各地で安保法制廃止、共謀罪NOの共同宣伝を積み重ねてきた地域。菅原まこと候補も共に行動を積み重ねてきた。それだけに、まわりの静止を振り切って「希望」に行っちゃったことで戸惑った方も少なくないと思う。
しっかり訴えて頑張ってきました。
菅原まこと候補が動画を2つアップしたのでリンクしておきます。

2017年10月12日木曜日

軍事でなく話し合い(憲法9条)こそ世界の常識

午前、中央区で5カ所の街頭演説。さすがに人通りが多い。そして聞いてくれる。
特に女性は、軍事でなく話し合いこそ世界の常識だし、日本国憲法の精神、という話が、うんうんとうなづいて聞いてくれる。
昼一番は、志位和夫委員長の街頭演説会。
開会前、5区補選以来お世話になっている上田文雄前札幌市長が、熱い抱擁でがんばってと言ってくださって感動しました。
志位和夫委員長の訴えは動画になっているので、是非ご覧あれ。
その後、明日から網走⇒北見の菅原誠12区候補の応援へ網走に午後9時前に到着。

2017年10月11日水曜日

偽りの2極対決⇒3極対決、さらに真の2極対決へ

 明日はいよいよ、志位和夫委員長が札幌に(12時~、大通公園西3丁目)。
今日は朝から南区から豊平区へ、5カ所の街頭宣伝。どこの場所も真剣に耳を傾けてくれる通行人が「そうだ!!」といわんばかりの大きなうなずきが見えました。話を聞いてから手を振ってくれる方も。手応えビンビン。
3カ所目から紙智子参議と一緒に。「比例は日本共産党」で畠山和也、川部竜二コンビを国会へを力強く訴えてくれました。当然、1区は道下大樹さん、3区は荒井さとしさんも押し上げました。
昼食はおいしい海鮮料理。
ここで弁士をバトンタッチする本間勝美比例候補と奮闘を誓うガッツポーズ。
その後、札幌市内の事務所まわり。みんな電話の対話に手応えを感じている。
私からは、最初は偽りの対決構図=自民vs希望を描き出そうとしたが、いやいや市民と野党の共闘が大きく復活しメディアは3極対決と。ここまで巻き返した頑張りを力に、論戦で真の対決構図=“自公とその補完勢力(希望や大地含む)”vs“市民と野党の共闘”が浮き彫りとなるような奮闘をしようと意思統一してまわりました。